メインイメージ

アドバンスト朗読劇
家族草子

身近で普遍的なテーマ「家族」を、動き回る俳優たちが迫真の演技で朗読し、生演奏
の音楽が浮かんでくる情景に深みを与える。しかし、それらは観客の心のスクリーン
に投影されるそれぞれの映像を助けるための舞台装置。アドバンスト朗読劇と名付け
られた、この今までにない朗読劇の真の俳優は、実は観客一人一人の心の中にいます。
作詞家/作家の森浩美が、自身の著作をもとに脚本を書きあげた、世代性別を超える
共感を呼ぶ家族の物語、家族草子。いま強く深い感動が静かに広がっています。

ノーカット版の視聴はこちらから

閉じる